2020年04月04日

中性洗剤の溶液を使用して貼り付けた4ヵ月後です。

前回の続きです。
新型コロナウイルスで身動きができなくなる前にジャカルタから急遽帰国して、今週からは日本からテレワークです。2週間の自己検疫で家に軟禁状態です。

偏光フィルムを張り替えた液晶パネルがどうなっているか気になっていたので、さっそくチェックしました。
After4month.jpg
ご覧の通り、気泡はかなり減って大き目の気泡が3個残っているだけです。あと数ヶ月もすれば気泡は全部抜けてくれると期待しています。
また、前回書いたように、ゴミの侵入は全く無いようです。ただ、張り付けた直後に無理をして気泡を追い出そうと悪あがきした時に付いた傷は当然ですがそのまま残っています。

偏光フィルムを張り付ける方法としてはこれが一番良いと言えそうです。ただ、張り付けた直後は悲惨な状態ですけどね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: