2017年06月01日

Advantestの古い測定器のフロッピードライブをFloppy Drive Emulatorに換装

当実験室ではAdvantestのスペクトラムアナライザR3273とネットワークアナライザR3765C、R3754Bとを所有しています。測定画面を記録したい事が時々ありますが、写真では光の映り込みや斜めになったりと、実用上はOKでも、あまりすっきりしません。これらの測定器にはスクリーンコピーを取る機能が付いていますが、3.5インチフロッピーディスクに書き込む仕様です。古い3.5インチフロッピーディスクは数枚持っており、USB接続のフロッピードライブも所有しているので、一応使用できますが、いまさらフロッピーなんてあまり使う気になれません。
同じような問題は昔の電子楽器、工作機械、編み機などにもあるようです。趣味に使うマシンならともかく、工場での生産に使用する機械の場合、とっくの昔に製造中止された消耗品のフロッピーディスクと年代物メカのフロッピードライブを使うなんて怖いですね。
そこで、フロッピードライブ換装のニッチな需要を狙い、USBメモリに記録できるFloppy Drive EmulatorがeBayやアマゾンなどで売られています。このエミュレータは3.5インチとしては初期のIBM互換機と同じ大きさのベゼルと34ピンのリボンケーブルのFDDインターフェースが付いたタイプです。

IMG_20170515_192356.jpg


薄いタイプも有るようですが、どのようなインターフェースが付いているのか、Advantestの測定器に取り付けられるのか、ググってもあまり情報が有りません。また、写真ではUSBメモリ内に作成されるパーティションを切り替えるスイッチが付いていないようなので、1.4MBしか使えないのかもしれません。しかも、かなり高価です。
Advantestの測定器に使用されているTEAC製のFD-05HGは薄型で、接続に26ピンのFFCケーブルが使用されています。この小型のインターフェースはIBM互換機に標準の一つとして採用されているのかどうかは知りませんが、当時の多くのノートパソコンにも使用されているようです。二つのインターフェースを比較してみると、信号は同じようなので、電気的な互換性は有ると思われます。そこで、ダメ元でアマゾンから安価なUSBフロッピーエミュレーターのSFR1M44-U100Kを購入してみました。価格は2000円位で、中国から郵便で送られてきます。中の基板を取り出し、1o厚のアルミ板を使用し、測定器のオリジナルのブラケットと同じ取り付けになるように自作したブラケットに取り付けてみました。LEDが乗っているサブ基板の取り付けが少々厄介です。サブ基板の下側がブラケットに当たるので、長楕円の穴を開けています。

IMG_20170508_082924.jpgIMG_20170508_190636.jpg









R3273です。この写真のLEDサブ基板へつながっている赤と白のコネクタの接続は間違っています。後で気づいた(汗)。

IMG_20170505_142148.jpgIMG_20170505_143407.jpg









R3754B用のブラケットとメイン基板に取り付けたところ。変換基板の取り付けが恥ずかしい。
フロッピードライブとは関係ないですが、基板上の緑の電池は秋月で買った1/2AAサイズの塩化チオニルリチウム電池とソケットです。250円+100円で買えますが、まともにオリジナルと同じ電池とか互換品を買おうとすると入手が難しく、買えても異常に高価です。

インターフェースケーブルの変換はaitendoで売っている40ピン1.00mmピッチのFFCから40ピン2.54oピッチのリボンケーブルへの変換基板です。34Pのリボンケーブルソケットは6ピン余るので、GNDと+5Vに割り当てます。FFC側は端の方に寄せて取り付けます。
基板上でFFCコネクタからリボンケーブルのコネクタへのパターンをカットして、対応するピン同士を細い線で配線します。下の接続表を参考にしてください。
エミュレータ基板上のジャンパーはS0に取り付けます。

IMG_20170504_150115.jpgIMG_20170504_150147.jpg









FDD TEAC conv.png


ベゼルの外見はまあまあの出来だと思いますが、変換基板の落ち着き所がありません。ポリイミドテープで固定しています。

IMG_20170509_075348.jpgIMG_20170506_084351.jpg









使用してみると、全く問題なくスクリーンショットが取れました。注意点として、R3754B ネットワークアナライザは起動時にフロッピーディスクドライバを確認するようで、後からUSBメモリを挿入しても認識せず、スクリーンショットを取ろうとするとエラーになります。スクリーンショットを取る場合はスイッチを入れる前にUSBメモリを挿入しておく必要が有ります。スペクトラムアナライザR3273はスクリーンショットを取る直前にUSBメモリを挿入しても正常に働きます。

ADV000.BMPPRINT000.BMP









実はネットワークアナライザR3765Cにも同じFDDが使用されていますが、これの換装が一番難しそうです。今回は挑戦する時間が無くなったので、後日帰国してからの作業となります。

IMG_20170516_103409.jpg


ところで、USBメモリに作成された1000個のパーティションをパソコンでソフト的に認識できる方法は無いのでしょうか?どなたかご存じで有れば教えてください。現状ではパーティション0以外を読み込むにはパソコン側にもエミュレータが必要になります。普通のUSB端子に接続したUSBメモリから全部のデータを読み出せれば便利です。
posted by ひら at 18:27| Comment(27) | Floppy Drive Emulator
この記事へのコメント
今日は。
静岡市在住の望月と申します。
R3273のFDDの半導体メモリ化、大変参考になりました。
その昔考えたことが有ったのですが、USBメモリが使えるなんて驚きです。
実はFDDがガサゴソ音を発し、ついに読み書きできなくなりI/Oエラーが出てしまったのです。
止む無く背面のRGB/VGAの取り込みやGP-IBから取り出そうと思ったりしましたが、専用ボードが必要になり厄介なので苦慮していました。
なので今はデジカメの再撮で凌いでいます。
早速中華製のドライブを取り寄せて試してみます。
基本的にはコネクタの変換だけに着目すれば良いと言うことでしょうか。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年08月25日 09:08
望月さん、コメントありがとうございます。
R3273のオリジナルのFDDとIBMはピンアサイメントが違うだけなので、コネクタで変換するだけで使用できます。
ピンどうしの接続は左側の表を参考にしてください。右側の表はIBMのピンアサイメントを参考にために載せているだけです。今から読んでみると作成した本人もこんがらがっています。
Posted by ひら at 2020年08月25日 11:54
今日は静岡の望月です。
最初はドライバーソフトが必要なのではと思っていたのですが、大丈夫そうなんでその気になっています。
早々にitendoへ変換ボードを頼みました。
ドライブはAmazonだと、見た目は同じですが出展者が多く価格もマチマチで困惑しますね。
製造元は同じだと思いますが・・・\2k前後で納期の早いのを頼む予定です。
ところで何故か似たようなネットアナがこちらにもあり驚いています。
R3273の他に、R3765AH、R3754Bが・・・!。
ところでこれらに使われているFDDは同じものですか?FDDをズボ替えすれば応急対応はできますよね?。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年08月25日 13:11
アドバンテストのR3273、R3764、R3754シリーズはヤフオクで程度が良い割には値段がこなれてきた測定器ですね。それらのRF測定器を使い慣れると、昔には戻れません。
これらに使用されているTEAC製のFD-05HGは90年代にはノートPCに多用されていたようです。現在でもFD-05HGとググれば販売している所が有りますし。Yahooオークションでも沢山売られています。簡単に修理するならそれらのFDDを買った方が早いと思います。私は今更FDは使いたくないので、USBドライブに改造しました。
Posted by ひら at 2020年08月25日 18:36
追伸です。
同じTEAC製のFD-05HGでもNEC用のは使えないかもです。たしか当時は1.44MBに対応していなかったですね。
Posted by ひら at 2020年08月25日 18:43
こんばんは。
情報有難うございます。
ネット検索していたら、SFR1M44-D26と言う高さが1/2インチのUSBドライブを発見しました。
https://ja.aliexpress.com/item/32818409428.html
これだと変換ボード無しでFFC直差しができ、そのまま実装出来そうですが、動作は大丈夫そうでしょうか?。
Amazonではまだ720KBのSFRM72-DU26しかヒットしない様ですが・・・。
ちょっと動揺していますHi。
Posted by at 2020年08月25日 22:13
↑書き込み者情報を失念していました。
やはり動揺していますか・・・。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年08月25日 22:15
これならFFC直差しでうまくいきそうですね。ケースの加工も不要で良さそうです。
ただし、SFR1M44タイプの薄型が少ない理由が気になります。SFR1M72タイプはたくさん出てくるのに…。
ebayではSFR1M44の厚いタイプしか売ってなく、SFR1M72タイプや薄型は皆無。ニッチな製品なので国によって需要が大きく違うのでしょうかね。
Posted by ひら at 2020年08月26日 07:13
平川さん(でよろしいんですよね)
お早うございます。
実は昨晩慌ててAmazonに出ていたSFRM72-DU26を注文してしまいました。
その後で中華サイトにSFR1M44-DU26が出ているのを発見し「早まったか!」でした。
SFRM72-DU26が到着したらどうなるか確認してみます。使えると良いのですが・・・。
変換基板や機構加工が不要なので、これは20世紀の測定器をお持ちの方には吉報かも知れません。
我が家にはAdvantestの他にHPのスカラがあり、それなりに需要があります。
ところで、画像等を書き込んだ時にはFDD相当の容量制限のあるフォルダが幾つも出来るのですか?。
その辺が初めてのことなのでご教示願います。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年08月26日 08:22
>FDD相当の容量制限のあるフォルダが幾つも出来るのですか?

ならうれしいのですが…。

普通に使用すると1.44MBのUSBメモリとして使えるだけです。
一個のUSBメモリにもっと多く記録するにはPC側にも同じドライブを接続して、専用のフォーマッタ(ミニCDが付いてくると思います)を使用して沢山のパーティションを作ります。何番のパーティションを使用するかはボタンを押してその番号を選択して記録し、PC側でも同じ番号を選択するとそのパーティションから読みだす(書き込み)ができます。
OS側は専用ドライバを開発すれば大きいパーティションを扱えるはずですが、測定機側が1.44MBまでしかサポートしていないので、大きなパーティションは無意味でしょう。
結局、私は面倒なのでパーティション0だけしか使用していません。つまり、7セグLEDやスイッチの窓は不要でした。

SFR1M72-DU26で使えたらまた書き込みお願いします。
Posted by ひら at 2020年08月26日 09:39
少し説明不足だったかも。
アドバンテストの測定器で1.44MBフォーマットしてデータを書き込んだUSBメモリをパソコンの普通のUSBポートに差し込むとパーティション0だけがアクセスできます。
Posted by ひら at 2020年08月26日 22:16
平川さん
昨日SFRM72-DU26到着し、簡単なテストをしてみました。
@FDDユニットがビスを緩めても後方へ抜け切らないのですが、何か特別な方法があるのですか?。
Aそれで直接FFCケーブルでつないでみました。
BUSBメモリ(512KB)を差し込んでテストしました。
CFDフォーマットをかけると、フォーマットボタンの色が変わり、終わると元の色になるのですが、フォーマットされない。
DCOPYボタンで画像コピーを試みると、経過が画面表示(ADV000.BMP〜)されるのですが、保存できない。
ESFRM72-DU26の左ボタンを押すと赤LEDが点灯し、さらに押すと消え、以後その繰り返し。
SFRM72-DU26の赤LEDが点いていても消えていてもフォーマットや画像コピーは出来ない。
F説明書が無いので、取り扱いミスもあると思います。
GR3273側の画面表示はエラーも無く普通に動作して終了している様に思えます。
HUSBメモリのアクセスLEDは、電源投入やUSB挿入時に点滅するが、フォーマットやコピー中は消えたまま。
Iと言うことで、現在は書き込みやフォーマットが出来ない状況。
Jディスクサイズが720KBなのが決定的なんでしょうか・・・。
以上取り急ぎリポートです。
PS:ブログに写真をUpすることは出来ますか?。
Posted by at 2020年08月28日 08:18
↑またしても書き込み者情報を失念してしまいました。
R3273側はディスプレイを見る限り普通に動いているので、USB側に記録されていると思うのです。
しかし、よく見るとUSBメモリのアクセスLEDが消えたまま。
何処かにSFRM72-DU26の何処かに書き込んでいて、SW操作でUSBへ移動するなんて事は無いですよねぇ・・・。
色々と楽しませてくれます。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年08月28日 09:18
私のR3273では次のようになります。
8GBのUSBメモリをR3273へ差し込み、フォーマットしてからPCのUSBソケットに差し込むとボリューム名ADVANTESTで、1,456,128バイトのボリュームとして認識されます。
USBメモリをR3273へ戻し、「COPY」ボタンで画面コピーをして、再度PCで見てみると、IMGフォルダが作成されており、その中に256KBのADV000.BMPが書き込まれています。
フォーマット時、書き込み時にはUSBメモリのLEDが点滅します。
ボタン等の操作は必要ありません。これらは以前書いたように、0以外のパーディションを選択するのに必要なだけです。

ところが、先ほどSFRM72-FU-DLとSFR1M44-FU-DLのマニュアルを見ていたのですが、
USBメモリが差し込まれているときは、左側のボタンは内蔵メモリからUSBメモリへデータを転送、右のボタンはUSBメモリから内蔵メモリへデータを転送すると書いてあります。
この記述は私が使用しているSFR1M44-U100Kの取説にはありません。これは容量の違いではなく、FU-DLとU100Kの違いかもしれません。

FDDユニットの取り外しは、数年前でよく覚えていないのですが、外した現物を見ると、前面のベゼル上下にスペーサが両面テープで止められているので、前側に引き出すようになっているのでは?と思います。

>PS:ブログに写真をUpすることは出来ますか?
かなり、簡易的なシステムなので、対応しておりません。すみません。
Posted by ひら at 2020年08月28日 10:54
ご教示有難うございました。
ただボタンの操作を行って内臓メモリからUSBメモリへデータ転送行為をしても、データは書き込まれない状況です。
左ボタンを押すと、赤LEDが点灯したままになり、USBメモリのアクセスLEDが3秒程点滅するだけです。更に左ボタンを押すと赤LEDは消えUSBメモリのアクセスLEDが3秒程点滅します。以後この繰り返しです。
書き込まれたと思ってUSBメモリをPCで確認すると何も記録されず、事前に調べておいた空き容量に変化は見られません。
R3273側からみると正常に書き込まれた風に見えますので、ファイルは何処へ行ってしまったのかと困惑します。
ちなみにBMPファイルは1つあたり307.466KB程度ですので、2個保存(ADV000.BMPとADV001.BMP)した後の3個目(ADV002.BMP)に挑戦すると途中でdisk fullとなり作業が中止されます。
720KBのFDD相当なので、この件は理解できます。
それでdisk full後に左ボタンを押すと、何らかのデータの移動が行われる模様で、再び保存をするとADV002.BMPから保存が始まり、ADV003.BMPまで保存し、そのあとはdisk fullとなります。それ以降は同じことが繰り返されます。
やはりSFRM72-DU2内部から取り出せていない感じがします。
そもそも、本体にある赤LEDは何を表示しているのかも不明です。
左ボタンを押して赤LEDを消した後、保存を試みると、ERROR[631] I/O errorと表示される時があります。

余談です。この種の作業は、平成の初期に自作SCSIカードで文豪ワープロへHDDをつないだりして楽しんでいましたので、興味津々です。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年08月29日 08:19
本日取説をよく読んだら、FUタイプとU100Kタイプは使用方法が全くようです。
U100Kタイプは上に書いた通りで、直接USBメモリをドライブとしてデータの書き込み/読み出しを行います。USBメモリは測定器でフォーマットして1.44MBのボリュームにする必要が有ります。
FUタイプですが、実物が無いので検証できませんが、私の理解では次のようです。
FDD内部にメモリがあり(しかも不揮発性)、1.44MBのブロックx99個(または720kBのブロックx99個)のに分けられています。測定器は7セグLEDで選択されている番号のブロックと読み書きします。データを取り出すUSBメモリも7セグLEDで選択されている番号のブロックと読み書きします。ただし、ブロック0はルートダイレクトリーでデータのやり取りはできないようです。01〜99を使用することになります。
USBメモリはパソコンでFAT16かFAT32でフルの容量でフォーマットすればよいようです。
使用時はUSBメモリを抜いて、2個のボタンで適当なブロック番号を選択し、測定機の画面コピーでFDDに書き込んでから、USBメモリを刺して同じブロックから左ボタンでUSBメモリへデータを転送し、取り外してからパソコンで読み出します。
多数のスクリーンショットを一気にUSBメモリに書き込みたい場合は、ブロック番号を変えながら取れば、最大400くらいのスクリーンショットを連続してとれるのではと思います。これが本当なら、FUタイプの方が便利と思います。



Posted by ひら at 2020年08月29日 10:15
情報有難うございます。
USBをFAT32でフォーマットし直して何度もトライしていますが、状況は変わらないです。
文中のFUタイプと言うのはDU26タイプのことですよね。
2個のボタンでブロック番号を指定したいのですが、薄型のDU26タイプには7セグLEDの番号表示は有りませんので???です。
R3273側のスムーズな動作に比べ妙なので、使い方の問題かと思っています。
ところでネット上に説明書が有るんでしょうか?。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年08月29日 10:49
すみません、勘違いしていました。DU26ですね。上の説明は当てはまりません。
FDDエミュレーターの取説は
https://www.s-e.hu/shop_ordered/31056/pic/Letoltesek/GOTEK-floppy-emulator-leirasok-www.s-e.hu.pdf
が一番すべてを網羅しているようです。私が持っている取説もこのPDFでほとんどカバーされています。SFRM72-DU26についても少し書かれていますが詳細が有りません。
Posted by at 2020年08月29日 11:11
平川さん
どうも良く分からないですね。
念のためGOTEKのサイトからフォーマッタ「Format-Tools-Software」を落として、それでUSBをフォーマットしてみましたが状況は同じです。同じと言うか、フォーマットしている気配が有りません・・・妙です。
話のタネにSFR1M44-DU26を中華サイトへ注文してみました。
ダメモトですが、まぁ何かには使えそうなので。
GOTEKにもHow toを打診してみました。
もう少し分かり易い説明書が欲しいとか・・・。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年08月30日 05:59
SFRM72-DU26は情報が無いですね。特定機器用で汎用性が無いので、必要ないのかもしれません。
情報が無いのは中国製のコンポーネントに共通かもしれませんが…。
もしSFR1M44-DU26でうまくいけばご報告いただけると嬉しいです。
Posted by ひら at 2020年08月30日 18:46
平川さん
SFR1M44-DU26はEliExpressへ頼んであります。
過去に部品を購入した実績がありますので、他にも出展がありましたが、何も考えず決めました。
まだ中国を出ていない様ですが、出国すれば数日で届くかと思います。
それまでR3273はカバーを外したままで待機します。
フロッピーはドライブ側もディスク側も環境に弱く苦慮しますね。
最近の測定器は何も気にせず画像が取れますから時代の変化を感じます。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年09月01日 20:02
平川さん
9月14日にSFR1M44-DU26が届きました。
早々につないでみたのですが、COPYキーで書き込み操作を行うと、いきなり「I/Oエラー」が発生しました。
可笑しいと思いフォーマットを掛けようとすると、FDドライブを認識していません。
要するにデバイスが見えない状況です。
現在発送元とやり取りをしている最中です。
Posted by 望月@jh2clv at 2020年09月17日 13:50
これが原因ちゃうん? こんな小容量のUSBメモリが今時出回ってるのか知らんけど。

> BUSBメモリ(512KB)
Posted by at 2021年01月31日 02:31
随分と時間が経ってしまいましたが・・・。
4GBや8GBのUSBメモリでも同様です。
スペアナ側からのI/O制御を受け取れていないような気がします。
Posted by 望月@jh2clv at 2021年05月12日 13:14
別の測定器ですが、情報集めてます。
まだ物を入手もしていませんが、先ずDU26(BARUDAN BEN Embroidery Machine)は適さないのではないでしょうか?TU26(Industrial Equipment)ならば可能性あるかと。

DU26とTU26ハードは一緒だと想像しますが、34pinとハードは異なるようなので、ファームウェアも専用かと思われます。

FlashFloppyで26pinに成功した書き込みがありますので参考にしてみては?
https://github.com/keirf/FlashFloppy/issues/155
Posted by at 2021年10月20日 12:29
先ほど、UD26/TU26で異なると課金したが、テクトロでは、SFR1M44-DU26ならばそのままのファームウェアでも動くと報告もあるようです。
https://github.com/andrewpono/TDS3000-Series-Gotek-FlashFloppy
こちらも参考にしています。
Posted by at 2021年10月20日 13:08
Gotek SFR1M44-DU26でうまくいきました。
中身はSFRC2D.B(Artery AT32F415RBT7)でした。
(多分、720kBも一緒かと)

gotekの書き換えは下記リンクを参考に
https://www.msx.org/forum/msx-talk/hardware/goteks-with-new-guts

FlashFloppyはv3.29を使いました。
https://github.com/keirf/FlashFloppy/wiki/Downloads

USBはFAT32でフォーマットし、設定ファイルは不要(FlashFloppy/Native modeなので)、imgファイルはhttps://github.com/andrewpono/TDS3000-Series-Gotek-FlashFloppyの1m44_fat12.img
をDSK0000.img〜DSK0009.imgとして保存
(これは波形入ってるので消してからコピーした方が良いかと。)

imgからファイルの読み出し、削除などはHxCFloppyEmulatorを使います。
https://hxc2001.com/download/floppy_drive_emulator/
ここのHxCFloppyEmulator_soft.zip

Gotek設定はRA,RB,RCを取り外し、S1のみジャンパ
OLEDは取り付けました。
RAだけでも書き込みはできますが、ディスク切り替えがうまくいかない。
ブザーもあったほうが使いやすそうなので取り付け予定です。
Posted by at 2021年11月30日 01:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: