2017年05月31日

PCG-C1シリーズの液晶パネルの偏光板を張り替えました(ビネガーシンドローム?)

2019/03/25: Update: 接着剤が付いていないタイプの偏光板シートを使ってみました。
2019/03/27: 内容をアップデートして、Youtubeにも関連動画をアップしました。
https://youtu.be/m35KRGdVvCs
2019/12/31: Update: 接着剤タイプの偏光フィルムを張るときに中性洗剤の溶液を使用してみました。
2020/04/04: Update: 中性洗剤の溶液使用のアップデートです。
2020/05/12: Update: 偏光フィルムの入手先をアップデートしました。

20世紀の終わり頃はまだ日本のPCメーカーは元気でした。SONYのPCG-C1シリーズはそのデザイン、サイズ、軽さが、心をウキウキさせるマシンでした。私もPCG-C1VJを購入しましたが、電池での実稼働時間の短さ(当時はそんなもん)や動きのモサモサ感が有り、あまり長くは使用せず、手放してしまいました。
5年くらい前の事です。シリーズ中盤のPCG-C1XF、XGなどはPentium IIの400MHzが載っており、現在でも特定の用途であれば実用的に使えるのではないかと思い立ち、昔のワクワク感を思い出そうと(歳ですね)ヤフオクで探してみました。さすがに完動品・美品になると収集家向けでしょうか、数万円で売られていましたが、不動・破損品、部品取りとして売られているジャンク品はかなり安いので数台集めてみました。使える部品を組み合わせると、シメシメ、動くのができました。昔の様にWin2000を入れ、HDDをSSDに交換すると起動時間も短く、OSはキビキビ動きます(でもブラウザは使いものになりません)。残念ながら、その後継のPCG-C1VシリーズはCPUがクルソーになって、モサモサにしか動きません。PCG-C1Mシリーズはスペック的にはアップしていますが、筐体がそれまでのマグネシューム合金からプラスチックに変更になり、液晶とキーボードが徹底的にコストダウンされたようです。筐体はフニャフニャで簡単に壊れ、共通の故障として、液晶はラインが走り、キーはグループで反応しなかったりします。3台の故障品を入手しましたが、結局一台もまともに使えるようにはなりませんでした。
最終的にPCG-C1F/Gを中心にヤフオクで十数台のジャンク品を購入し(ほとんど病気)、4台を完動品にすることができ、アマチュア無線のEMEや衛星通信用のアンテナの方向自動制御、シリアル通信のモニター、データロガー等の専用機として十分に実用に使えていました。PCG-C1VJの一台も完動品ができ、大容量のHDDに変えて家庭内サーバーとしてしばらく使いました。小型で、机の隅に置いても邪魔にならないのが使いやすいです。
ところが、1〜2年経過したある日、液晶パネルを開いてみると、液晶の右下の一部がササクレ、溶けた、ただれたようになっているではありませんか(ゴム足が溶けるのは以前から有名でしたが…)。クリーナーやエタノールで拭いても全く取れません。また、酸っぱい匂いがします。

IMG_20170513_191243.jpgIMG_20170513_191252.jpg









液晶パネルは他にも使えそうなものが数枚有ったハズなので交換しようとしたら、他の液晶パネルも大なり小なり同じように発症しています。他の実用機として使用していた一台を除き、全滅です。ジャンク品を購入した時点では一台もこんな不具合は無かったのに、ここ1年くらいで95%が発症したことになります。

IMG_20170515_094114.jpgIMG_20170515_102651.jpg









こんなに全面が侵されている液晶パネルも数枚有ります。また、酸っぱい匂いは酸性のガスなのか、マグネシューム合金のカバーの内側が腐食しているのも有ります(写真クリックで拡大できます)。保存状態が悪かったのか?
これからもPCG-C1F/Gを完動品として保存しておきたかったのに、そのためのスペア部品も確保していたのに、液晶パネルが全滅ではどうしようも有りません。その後ヤフオクで出品されているPCG-C1シリーズも液晶パネルがササクレ、溶けているものが多く有ります(世界同時に発症?)。本当に残念でなりませんでした。
それから2年くらい経過して、少し暇な時間ができた時にハット思いついたのは、実は表面の偏光板を張り替えできるのでは?実験台にできるパネルは何枚も有ります。結果は成功でした。偏光板は市販の片面に接着剤が付いている偏光板フィルムを使用しました。25cm X 25cmなら東急ハンズや他のネット通販で買えます。
まず、分解する前に、PCを立ち上げ、新しい偏光板フィルムの接着剤が付いた方を液晶パネル側にして透かして見てみます。回してみると、明るくなったり、暗くなったりしますが、画面が一番明るく見える角度が正しい角度です。パソコンの液晶パネルの偏光角度は斜め45度になっているのが多いようです(水平、垂直のも有ります)。購入した偏光板フィルムは偏光面が辺と平行(直角)になっていました。25cm X 25cmの大きさから斜めにカットしたので一枚分しか取れません。カットのサイズは液晶パネルのガラス板よりわずかに小さくした方が良いです。PCG-C1XF/Gの画面は小さいので良いですが、大きな画面のパソコンではかなり大きな偏光板フィルムを購入する必要がありそうです。
マシンを分解して液晶パネルを取り外し、表面の偏光板フィルムを剥がすと下は薄いガラス板です。固い偏光板フィルムと強力な接着剤、薄いガラス板なので恐る恐る剥がしました。残っている接着剤を溶剤(無水エタノールを使用)を使ってきれいに取りました。

IMG_20170513_183817.jpg


偏光板フィルムを張り付ける前に、ダイソーからA4サイズの液晶パネル保護フィルムをたくさん買ってきて、貼り付けの予行演習を何回も行いました。偏光板フィルムは固い上に、偏光板フィルムとガラス板の間に取り込まれた空気は逃げないので、きれいに貼るのはかなり難しいです。私が習得したコツは、画面横の短辺から貼るのではなく、上か下の長辺から先に貼っていく事です。横の短辺から貼るとどうしても斜めになるのと、作業開始から終わるまでの時間が長くなり、空気中のチリが入り込む可能性が高くなります。本番は一発勝負です。
私のへたくそな作業では少し空気が入り込み、明るい画面でシミの様に見えます。写真を拡大するとわかりますが、画面左側のモニターの図の下側の丸いシミと、さらにその左下のシミです。でも個人的にはかなりの成功と満足しています。

IMG_20170515_101842.jpg


作業の容易性からすると、接着剤が付いていないタイプの偏光板フィルムを使用した方が良いかもしれません。ガラス板と偏光板の隙間が多少の残ると思いますが、周囲はアルミのフレームで抑えられるので安定すると思います。時間があるときにやってみたいと思います。



Updated on 2019/03/27 :接着剤なしのタイプで試してみました。結果は人により意見が分かれるところだと思いますが、使えます!
http://hirakawa-jp.sblo.jp/article/185763772.html

この記事へのコメント
Posted by at 2022年09月25日 16:46
https://ameblo.jp/pi-poh/entry-12331604278.html
こちらにコメントして頂いてありがとうございます。
今ではVaioC1シリーズほぼ使っておりませんが
愛着PCを復活させるのは楽しいですよね。

時間のあるときにでも粘着無し偏光板の写真あっぷをしたいと思います。
Posted by つるつる at 2019年01月18日 20:15
先程、youtube のほうにコメントさせていただきましたものです。

動画、大変助かりました。お陰さまで古いGPS魚探を直すことができました。ありがとうございました。

私のブログは、以下です。宜しかったら覗いてください。

https://solitamente.com/test01/2021%e5%b9%b42%e6%9c%8827%e6%97%a5%e3%80%80gps%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e9%ad%9a%e6%8e%a2%e3%81%ae%e4%bf%ae%e7%90%86/


Posted by Santana01171 at 2021年02月28日 04:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: